総合技術サービス会社として100年企業を目指す

 

 

インテリジェント赤外線カメラモジュール [ freemo ] 

 
 

製品特長その1

自分用に操作コマンドをカスタマイズ

「掴む」「離す」「まわす」といったさまざまなハンドサインを認識することができ、それらを組み合わせ操作意図に合わせた展開が可能です。

 

製品特長その2

既存アプリケーションを活用

PowerPoint、ウェブ・ブラウザなど既存のアプリケーションを操作する事ができます。
プレゼンテーションでPCを触らずノンタッチで操作したり、手が汚れたままでも操作する事が出来ます。

 
 

製品特長その3

ディスプレイを非接触で画面操作が可能

モーションセンシングの活用で、画面に触れることなく機器の操作が可能です。
様々な検知機能(以下参照)をモジュール内搭載しており、別途ハードウェアやソフトウェアが不要です。
例えば建築現場で手袋をしたままPC画面に映された設計図をズームイン・アウトすることができます。

[ freemo ] 利用シーン

 
プレゼンテーションの補助システムに

プレゼンテーションする際、PCに搭載されているPowerPointの操作はPC画面を頻繁にみなくてはならず、プレゼンテーションをスムーズに進行させる妨げになる可能性があります。しかし、本製品をプレゼンテーションの補助ツールとしてカスタマイズすることで、機器操作の負荷を軽減し、スムーズなプレゼンテーションに役立つことが期待できます。

汚れた手や濡れた手でも操作可能
汚れた手でタッチパネルを操作したり、濡れた手でPC操作することは極力控えたいと思う方が多いかと思います。パッドに本製品を使用することで遠隔での操作が容易になり、調理しながら画面操作が出来るなど、利用者の満足度向上につながる可能性があります。

freemo使用イメージ

①PCとfreemoを接続

②センサに認識させます


「ハンド」認識結果例
※モジュールからは認識結果の数値のみ出力

③認識結果反映


アプリケーション

freemoシステム構成図

 

動作環境

 

ケース収納


ハードウェアのみ

製品概要

品名  

freemo

外形寸法  

W42mm x H14mm x D8mm

重量  

約2.5g (ケース含まない)

電源  

5V

消費電力  

最大400mW

通信サポート

マイクロUSB

使用ドライバ

LibUSB win32 1.2.6

センシング可能エリア    

センサ前面中心から対角度73.70度

センサ前面から距離50cm以内

検出速度

一秒間に約30回以上

OS

Windows 7/8.1/10      


検知ジェスチャー

指の本数カウンタ(0本~5本)
フリック動作検知(左右上下)
回転動作動作(右・左周り)
撮像画像取得
手重心のXY座標
近接検知(手を近づける)

製品購入先

 

アスキーストア様にて販売しております。下記URL先より購入できます。 

購入者専用ダウンロード

 

購入者様は下記バナーをクリックし、ファイルをダウンロードお願い致します。
パスワードは製品購入時に付属しております。 
 

 
 

<ドライバーのインストール手順>
◆Windows 7の場合
① 「SetUp.bat」を実行します。
② インストールウィザードに従ってドライバーのインストールを進めます。

◆Windows 8/8.1の場合
①「設定」を選択します。 
②「PC設定の変更」を選択します。 
③「保守・管理」>「回復」を選択します。
④「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動する」を選択します。
 ※PCが再起動されます。
⑤ 「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」を選択します。
⑥ 「詳細オプション」>「スタートアップ設定」を選択し、「再起動」ボタンを選択します。
 ※PCが再起動されます。
⑦ 「スタートアップ設定」画面でキーボードの「7」を選択し、「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択する。
⑧ PCが起動したら、「Windows 7の場合」と同じ手順でインストールを進める。

Windows 10の場合
① スタートメニューから「設定」を選択します。
② 「更新とセキュリティ」>「回復」を選択します。
③ 「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動する」を選択します。
 ※PCが再起動されます。
④ 「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」を選択します。
⑤ 「詳細オプション」>「スタートアップ設定」を選択し、「再起動」ボタンを選択します。
 ※PCが再起動されます。
⑥ 「スタートアップ設定」画面でキーボードの「7」を選択し、「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択する。
⑦ スタートメニューから「設定」を選択します。
⑧ 「更新とセキュリティ」>「Windows Defender」を選択します。
⑨ 「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」を選択します。
⑩ 「アプリとブラウザーコントロール」を選択します。
⑪ 表示された画面内の項目が「ブロック」や「警告」になっているものを「オフ」にします。
⑫ PCが起動したら、「Windows 7の場合」と同じ手順でインストールを進める。
 ※ ⑪で「オフ」にした項目はインストール後は元に戻すようにしてください

◆アプリケーション実行時のエラー対策
・アプリケーションを起動した際、「MSVCP120.dll」ファイルが見つからないという、下図のようなエラーメッセージが表示される場合があります。
 ”コンピューターにMSVCP120.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。”
 このエラーメッセージが表示された場合、Microsoft Visual Studio 2013ランタイムライブラリのインストールが必要になります。 
 https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=40784
・64ビット版のWindowsをご使用の場合は「vcredist_x86.exe」と「vcredist_x64.exe」の両方をインストールしてください。
・32ビット版のWindowsをご使用の場合は「vcredist_x86.exe」のみをインストールしてください。