総合技術サービス会社として100年企業を目指す

 

 

DSJ2016出展レポート

 

 2016年6月8日~10日に幕張メッセにてデジタルサイネージジャパンという展示会が開催され、アルファテクノロジーとして、SUGUKIRI(Kinect高精度人物切抜ソリューション)tefuri(パターン認識機能付き赤外線カメラ)を出展しました。
 
 二つともONLY One製品であることから、来場者だけでなく出展者の方もブースに立ち寄っていただき、非常に多くのお客様と話ができました。また翌週から追客を行っており、具体的な購入要望が出てきており、非常に費用対効果が高い展示会でした。今後、アルファテクノロジーとして、このような展示会への出展を増やし、知名度向上+アルファの技術力アピールを進めていきます                          

代表 取締役社長 片桐一樹
 
DSJ2016会場レイアウト

What is DSJ2016?

デジタルサイネージの最新動向を伝える展示会 デジタルサイネージジャパン(DSJ)は、街中のメディアとして多様な役割を果たす「デジタルサイネージ」にフォーカスしたイベントです。デジタルサイネージの最新技術とその活用法をご覧いただけます。デジタルサイネージに関する最新技術と活用法の展示会、デジタルサイネージジャパン(DSJ)2016が6月8日(水)から10日(金)の3日間、幕張メッセで開催されました。来場者は、Interropなどの共催イベントも合わせて140,945人に上り関心が高まっていることが伺われました。

フォトレポート

 
 
 
 
 

展示会ではブースデザイン・カタログ制作をバンクトゥ様にしていただきました。

バンクトゥは京都に拠点をおく制作会社です。デジタルとアナログを越境する「編集力」で、最適な「乗り物」に情報をのせて、届けることを心がけています。現在の仕事のバランスは、Webサイト制作やWebプロモーションが5割、書籍・雑誌制作が2.5割、SPツール制作が2.5割です。
ある時は、破壊力バツグンの記事を書き、月間ウン百万PVを誇る大手ニュースサイトのサーバーをアクセス過多でダウンさせたり、またある時は、京都の街にある無数の「路地」を一冊の書籍にまとめて路地裏ブームの火付け役になったり、またある時は、ナショナルクライアントの依頼を受けて日本のインフラ整備を促進するサイトを手がけたり規模もメディアもコンテンツも、本当にさまざまなフィールドで仕事をしています

合同会社バンクトゥ様

出展製品

 

SUGUKIRI (スグキリ)

「SUGUKIRI」は静止画・動画を問わず、リアルタイムかつ高精度に任意の人物の合成を実現する赤外線センサーモジュールです。独自開発の赤外線のノイズ除去・画像処理技術を、マイクロソフト社が提供する「Kinect」に適用することで、高品質の切り抜きを実現。世界最大のソフトウェア企業でさえ到達できなかった技術をぜひ体感してください。

 

 

tefuri (テフリ)

「tefuri」は、ノンタッチでコンピュータ操作ができる超小型 認識モジュールです。人の手などの動作をコンピューターに認識させることができ、ディスプレイに非接触でも手の振りや動きをトリガーにして、画面を遷移(スワイプ)させたり、決定・キャンセル、映像の音量調節や早送り・巻き戻しなどの操作が可能です。